住宅ローンいくらまで借りれる?

住宅ローン

少住宅ローンはいくらまで借りれる?

住宅を購入する時、ローンを組むのが一般的ですよね。でも住宅ローンっていくらまで借りられるのか、ちょっと気になります。頭金があまりない場合は特にローンの額が大きくなるし、どれくらいまでなら借入可能なんでしょうね。ネットで調べてみると、返済負担率って年収の25%以内が理想なんだそうです。ってことは、収入によって借入できる限度っていうのはかなり違ってくるってことですね。住宅金融支援機構のフラット35なら、親子リレー返済という返済方法もあるので、親子で住宅を購入する方がワンランク上の家も買えるし、返済も2馬力なので少し心強いでしょう。

親子リレー返済なら、親が70歳以上でも申し込むことができるし、子供の年齢に合わせた長期返済が可能なので、年齢的にも収入的にも家の購入ができない老夫婦でも、親子リレー返済なら、家を買うという夢を叶えることができますよね。親子でダブルの収入があるなら、1馬力ではムリな借入だってできるし、終の棲家としてふさわしい家だって購入できるんじゃないでしょうか。

住宅ローンの支払いについても、親にもしも・・のことがある場合には、子どもにその後の支払いを託せるので、親にとっては心強い感じですね。とはいえ、住宅ローンってかなり家計の負担になるものだから、ムリのない借入を心掛けないといけないんだろうなあ。ムリなく返済できる返済負担率は年収の20%以内なんだとか。それくらいの返済に抑えられるよう、借入額を考えるべきでしょうね。我が家に当てはめて考えてみると、返済負担率は年収のちょうど20%くらいです。それでも十分負担にはなっていますが、借り家に住むとしてもそれくらいは必要だし、賃貸料を払うことを思えば、それで資産が確実に手に入るんだから、意義のある支払いですよね。

でも住宅の購入ってローンの負担だけじゃなく、固定資産税の負担ものしかかってくるし、あまり細かい計算をしないで買ってしまうと、後々かなり苦しい生活になってしまうでしょうね。ただ考えすぎるといつまでたっても家なんて買えないので、あまり先々のことまで考えすぎず、だけど全体の負担額はちゃんと把握してから、家を購入した方がいいんでしょう。不景気でローンが払えず、家を手放してしまう人も増えている昨今・・。少しでも負担のないローンを組むことの大切さを痛感してしまいます。20%の返済負担率でも、収入が減ると負担率は増大しますからね。余裕のある返済を考えないと、景気の波に踊らされて、家を失ってしまう可能性は誰にでもありますよね。

 

住宅ローンの借入可能額の目安は?年収の何倍まで?

これから借りやすい住宅ローンを組む予定のある方に、支払い方法としてボーナス払いを選択する前に注意が必要です。

大きなお金が入った時にまとめて返す事が出来れば、毎月の返す金額が軽くなるというメリットもあります。

けれども、特別収入が付与されない会社も多く毎年金額が大きく左右する可能性も考えられます。

そういう事もあって臨時収入を最初から返済にしている方は、思いのほか少なく、40%程度だそうです。

それでもまとめて返済をしたいという方は、任意返済もできるところで申請してみましょう。

近々、マイホームの購入を検討されている方やローン返済中の方も是非、オーバーローンにならないようにしましょう。

どのような理由があるとしても家を購入するためのものなので、別の目的があって申請した場合には、違反になります。

この為、いくら費用を準備しなければならないのか?必ず確認した上で申し出を出さなければなりません。

またもしもこのような借入れが発覚した場合、このような契約を勧めた会社も営業出来なくなります。

こうしたデメリットやリスクも合わせた上で検討し、目先の事だけでなく将来をしっかり見据えて選択しましょう。

参考:http://www.homeloan-guide.net/

せっかくマイホームを購入したのに、返済金が残っている状態で働けないほどの病気にかかってしまったらどうすべきでしょうか。

多くの場合、団体信用生命保険も一緒に入るはずなので契約をしているご主人が死亡すると、お金が振り込まれます。

申し込んだ内容にガン保険が入っているものもありますが、そうでないものもあるため、必ず確認が必要です。

但し種類があり癌診断を下された時点で支給されるものと、1年間の通院と入院をされた場合に振り込まれる事もあります。

このような保証も月々でみるとそれほど大差はないので、このような場合に備えて保険内容も確認しておくと安心ですね。

自分の家を買う時の支払は現金1回で済ませる。

この様な事は、まず無いに等しいでしょう。

一般的には、借りやすい住宅ローンを申し込むという方法の借金をする事が多いです。

周りでローンを組んでいる人の、何が一番大変か?という話を聞くと支払に関する答えが多いです。

支払は最長35年にもわたってし続けなければいけません。

その間、変動金利にしている場合は世の中の金利事情も気にしなければいけません。

また、何が起こるかわからないのが人生ですからけがや病気をするかもしれません。

だから、慎重にリスクを考えローンを組みましょう。

自分の家を購入するとき資金繰りとして利用するのが住宅ローンです。

申し込みはお近くの銀行や信用金庫他にはネットバンクなどからも申し込み可能です。

ただし、どこに申し込みをしようとも審査があります。

大事な事は職業・勤続年数・年収などが主になります。

さらに、関係なさそうな過去のお金に関するトラブルなども大事な審査の対象になりまので万一心当たりがある場合は最初にそちらを整理し申請されると良いでしょう。

これから、マイホームを購入する予定のある方、費用にいくらかかり、全部でどれ位の期間が必要なのかきちんとした数字を出したい場合はシミュレーションしましょう。

まとまったお金が入った時の返済を利用するのか、返済を始める月はいつからにするのかまで設定でき、住宅ローンの総返済額を把握できるのでとても便利です。

どこの会社も無料で算出できるサービスが豊富なので、いくつか気になる会社の商品で試算してみるのもお勧めです。

ただし試算したものはあくまでも目安として考えましょう。

もっと聞きたいことなどあれば、直接スタッフに確認しましょう。

将来、新しい家を購入して両親と同居を考えている方に今回は是非、知って頂きたい借りやすい住宅ローンを紹介します。

通常、ローンを組む場合には年齢が制限されているために高齢になると申請できないといった問題があります。

しかし、親子リレー返済を利用した借入れであれば、高齢の方でも申請可能になり、希望も見えてくるでしょう。

理由は、申請した二人が同じ時期に返済するのではなく返す時期をずらしていく為に可能なのです。

この為に通常のローンよりも長く借入れ出来るのです。

自分独りで抱え込まずに、こういう方法も考えてみて下さい。

将来、新築を希望しているが十分なお金を準備できないそういった方には、安い中古物件の借りやすい住宅ローンはどうでしょう。

但し、注意点があるので気をつけましょう。

まずは返済期間が新築の場合と比べて短いという特徴があります。

これは、ユーズドという面で耐久性が心配されるのもあり出来るだけ早く返済をしなければならないのです。

メリットだけを見て選んでしまうと、後から問題が発生したり逆に毎月の負担が大きくなってしまう事もあります。

またリフォームが必要な場合もあるので、その費用も合わせてどの程度お金が必要なのかを調べる必要があります。

一生の中でも一番大きな買い物とも言える、後悔しない住宅ローンを選ぶためにどうしましたか。

将来に備えてお金を借りる銀行を探し中の方も、別の銀行で借り換えを考えている方も口コミを見てみましょう。

今、一番人気は金利が最も低い新生銀行です。

理由は金利の安さがどこよりも優れているためです。

繰上げ返済をしたい場合の手数料も無料でしてくれますし、キャンペーンを上手く利用すればとてもお得です。

但し申込みをしたのにスタッフが不在だったなど不評もあります。

直接、店舗に行って話を聞いてみるとのいいですね。

もしも、住宅ローンが残っている段階で離婚する事になったらどちらが残りの返済をするようになるのでしょうか。

特に未成年の子供がいる家庭の場合、ローンだけでなく別れた後でも養育費を払う責任があります。

始めに契約内容を確認し、名義は誰になっているかを調べ、お互いが納得のいく内容で取り決めをしていく必要があります。

少しでも負担を減らすために家を売る方法もありますが、売る価格よりもローンの方が上回ってしまうと、どちらかが残りの返済を迫られることになります。

これから先の大切な事ですのでしっかり決めて下さいね。