規定との間のグレーゾーン

住宅ローン

年29.2%がグレーゾーン

グレーゾーン金利とはなんでしょうか。賃金業法と出資法改正前にあった、利息制限法が定めている上限金利は越えているが、出資法によって定められてる上限金利までには、満たない金利のことをいうそうです。つまり、刑罰による規制がはいるのは、年29.2%以上になりますが、それ以下の規定との間に存在するのがグレーゾーンであって、見なし弁済の規定はあるようです。

利息制限法の規定では、元本が10万円未満の場合は、年利が20%、元本が10万円以上で100万円未満であるときは、年利が18%、元本が100万円以上のときは、年利が15%と決められていて、これよりも上で、年29.2%がグレーゾーンということになります。つまり、利息制限法より越えた利息に関しては支払う必要がないのです。つまり、過払いが発生するということになります。

これらのグレーゾーンが存在するというのを、ほとんどの人は知らないでしょう。知らずに、返し続けて、しかし、全く減らない、金利だけをずっと支払って、元金が減らないといったことが生じますので、こんなときは弁護士に相談すれば、弁護士費用も含みで、過払い分を取り戻してくれます。しらないということは、おそろしいので、だまされやすい状況が生じます。即決しやすい人やだまされやすいと言います。ものを知らなくても、すぐに決断しない人は、だれか回りの人が気づいて阻止することもできるからです。


住宅ローン借り換えの金利比較
住宅ローンの借り換えで悩んでいるあなたに適切なタイミングや借り換えの手順、必要書類からシミュレーションまで徹底的に研究しご案内する住宅ローン借り換えナビです。