債権者に有利な一部増額返済

住宅ローン

ローン残高を減らす方法

一部増額返済で利息節約をすることができる、というのはどういうことなのでしょうか。一部増額返済というのは、ローンを返済している期間中に、契約で決められた返済額以上の金額を返すことによって、ローン残高を減らすという方法です。つまり、利息も節約できるということになります。これは、原則として、債権者が持つ権利とみなされます。

一部増額返済を実行することで、借りた元本が減るので、金利も当然現象するということになります。また、返済予定日よりも、早めに返すということも、債務者の権利の一つとして考えられているのだそうです。住宅ローンなどの場合では、繰り上げ返済と言われています。この繰り上げ返済を行う場合ですが、手数料が発生する場合もあるようですが、最近は、かなり多くの金融機関は無料で設定しているところがあるようです。

ローンというのは、有るだけで負担になりますよね。もし、返済プラン中で、ちょっとでも余裕ができたら、多めに支払ってしまいたいところですよね。そのことで、有利な面があるのであれば、できるだけ、チャンスをみながら、支払ってしまいたいものです。プランをたてるときは、あくまでも、最低限で支払える、ミニマム値を設定して、余裕があるときは多めに支払えるように、はじめのプランで考慮に入れてもらうとよいでしょう。


こちらのサイトもご参考に!

フラット35金利比較おすすめ
長期固定金利の住宅ローンとして人気のフラット35を様々な角度から研究し、金利比較や 審査、シミュレーションなどを徹底的にご案内するフラット35金利比較ナビです。

FP無料相談で家計の支出削減!予約方法は?【保険・住宅ローン】
FP無料相談に予約受付中!今より家計を良くしたいと思っている方は、一度家庭の支出を見直しませんか?住宅ローンや保険を、ファイナンシャルプランナーが中立な立場でアドバイス!無料で支出削減のサポートを!
www.fp-muryou-soudan.com/