異なるローン審査基準

住宅ローン

ローン審査には有利?

ローン審査と勤続年数の関係ですが、勤続年数が長ければ長いほど、ローン審査には有利です。基本は3年以上というのがひとつのめやすで、次に5年10年と伸びるほど、ローン会社に対する信用度は高くなります。3年以上が望ましいのですが、1年以上であれば、有る程度の基準になります。あるいは、勤続年数が1年であっても、住宅ローン審査にうかる場合があるようで、資産がある場合や、土地、家などを持っている場合などは勤続年数にかかわらず、ローンを組めるようです。

また、勤続年数が短い場合で、O.K.になるのは、勤務先が上場企業や業績が非常によいといった会社に勤めていれば、かなり有利になり、勤続年数はあまり関係なく進められるようです。中小企業であったり、起業したばかりの会社では、フリでしょう。ローン会社によっても、審査基準が若干ことなりますので、調べてみるほうがよいかもしれません。

あとは、リストラだったりヘッドハンティングといったような、調べがつかないことは、こちらからわざわざ言う必要はありません。それから、もちろん公務員、医師、会計士、税理士、司法書士、弁護士などの職業であれば、有利ですね。以上、どれにも当てはまらない場合は、多額のローンは難しいかもしれませんので、有る程度自己資金を用意して、少額のローンを組むという方法もあるでしょう。


フラット35のリンク

フラット35Sエコの金利引き下げについてのポイントをご紹介します。フラット35Sの金利を比較しておすすめの銀行をご紹介するランキングも必見です。